About KOKO
KOKOについて

使うシーンを考えた製品づくり

KOKOについて

KOKOは創業以来、使うシーンを考えて製品をデザインしてきました。伝統的な部分を大切にしながら、バティックやアタを現代にあわせてアレンジしています。

生地選び、染色、縫製、完成品とそれぞれの段階で一つ一つ厳しくチェックし、認めたもののみ販売しています。

一人でも多くの方に製品を使っていただき、その良さを感じていただきたいと思っています。

KOKOの5つのこだわり

process

厳選した生地

生地の良し悪しは着心地、見た目、耐久性に大きく関係します。KOKOでは製品の目的に合わせて最適な素材を選択しています。

process

最上級の蝋(ロウ)

蝋(ロウ)はスタンプバティックの命です。蝋がしっかり生地に張り付いていないと、スタンプしたパターンが染色の過程ではがれてしまい、きれいに仕上りません。KOKOではジャワ島のソロから取り寄せた最上級の蝋を使用しています

process

色を染めるタイミング

鮮やかな発色のためは乾季の強い日差しが欠かせません。KOKOでは乾季に染色の発注を心がけています。

process

縫製

縫製の良し悪しは見た目と耐久性に影響します。縫製にあたっては職人を厳選しています。

検品

  1. 生地の検品

生地のできあがりの段階で発色の良し悪しを確認します。発色の良いもののみ製品にしています。

  1. 完成品の検品

運針のきれいさ、縫製の良し悪しを確認します。KOKOで認めたもののみ製品として販売しています。

KOKOのあゆみ

2003年 ジャカルタでオープン

2007年 バリ・ウブドに移転

2016年 バリ・デンパサールに移転

old shop